ここにブログ全体で狙うキーワードを含んだ文章を書いてください(40文字まで)

2012年02月23日

“dog”

おかげ様で人気ブログランキング
英語部門で上位に食い込んでいます →




the word of today is …


“dog”



ご存知の英単語“dog”です。


日本語の意味は「犬」です。



そこへ、恐怖の質問が投げかけられます(笑)。

“Could you tell me what dog is?”



この質問に答えれるようになりましょう!



日本語で「犬」を説明してみましょう。

「4本足でしっぽがあり、多くの人々がペットとして飼ったり、
狩りなどのために飼っている動物」



では“核”となる単語(名詞句)を決めましょう。

前回の“coin”で言うところの“a piece of metal”です。


そして、どうするんでしたっけ??


そうです。ここへドンドンと補足をしていくんです!



今回は「動物」に目をつけましょうか。

“animal”です。



「動物」

an animal (※1)


「4本足でしっぽがある動物」

an animal with four legs and a tail (※2)


「4本足でしっぽがあり、多くの人々がペットとして飼う動物」

an animal with four legs and a tail that many people keep as a pet
(※3)


「4本足でしっぽがあり、多くの人々がペットとして飼ったり、
狩りなどのために飼っている動物」

an animal with four legs and a tail that many people keep as a pet
or for hunting, etc (※4)


↑コレが英英辞典に書かれている文です。ここまで言えたら完璧です!




では、(※)のポイントを説明します。




※1 文頭の名詞には、特に注意を!

今回の“animal”は、加算名詞(数えられる名詞)です。

“animal”は「母音」で始まるので、“an animal”ですね。

当たり前のことなんですが、いざ話すとなると、なかなか言えないもの
なんですよ。



※2 補足の王道“with”“and”

創刊号の“apple”でも紹介しましたね。

“a round fruit with shiny red or green skin and firm white flesh”
「明るい赤か緑の皮と、堅くて白い果肉の、丸い果物」

“with”で、ひっつけておいて、“and”でさらなる補足をするパターン。

an animal with four legs and a tail

「4本足で(一本の)しっぽがある動物」

“tail”の前の冠詞を忘れないようにして下さいね!

-日本人は冠詞を忘れる- のレッテルを剥がしてしまいましょう!!



※3 前置詞の“as”と、目的格の関係詞“that”

また登場です。日本人が大の苦手である“as”

前置詞の“as”「?として」です。

“many people keep as a pet”「多くの人々がペットとして飼う」


そして、目的格の関係詞“that”です。

(1)the fish that I ate yesterday (昨日に私が食べた魚)

(2)an animal that many people keep as a pet
(多くの人々がペットとして飼っている動物)

(1)の“that”は“the fish”を表し、“the fish”は「私が食べたもの」
という目的語になります。

(2)も同様です。

主格であろうが目的格であろうが“that”は、なかなか使いこなせません。
日々、練習あるのみです!!



※4 “with”“and”に次ぐ補足の王道“or”

ここで紹介する“or”は「等位接続詞」といい、2つ以上の語・句・節を
文法上対等の関係で結ぶ接続詞のことです。

例文です。

(a) Will you go by train or by plane?

↑この文(a)は、

“Will you go by train?”と“Will you go by plane?”を

“or”を用いることで一つの文にしたものです。

では、次の文(b)を見てみましょう。

(b) that many people keep as a pet or for hunting, etc

↑この文(b)は、

“that many people keep as a pet”と

“that many people keep for hunting, etc”を

“or”で一つの文にまとめています。


そして、英訳をする際に、少しオシャレな表現“,etc”

しかし、これは表記する際には使いますが、話す際には用いられません。

話す場合は“or something”なんて言い方がオシャレですね。

“〜 keep for hunting or something”なんてサラっと言えたら、

かなりイケてますよ!!





さて、もう一度“dog”「犬」を英語で説明してみましょう。

(The word“dog”means) an animal with four legs and a tail that many

people keep as a pet or for hunting, etc(.)





皆様の応援のクリックが
励みになります! →


posted at 21:58
Comment(0)
カテゴリー:D
エントリー:“dog”
2012年02月18日

“coin”

おかげ様で人気ブログランキング
英語部門で上位に食い込んでいます →




the word of today is …


“coin”



ご存知の英単語“coin”です。


日本語の意味は「硬貨」です。



そこへ、恐怖の質問が投げかけられます(笑)。

“Could you tell me what coin is?”



今日は、この質問に答えれるようになりましょう!



日本語で「硬貨」を説明してみましょう。

「小さくて平たく、お金として用いられる金属のもの」



では“核”となる単語(名詞句)を決めましょう。

前回の“bag”で言うところの“a container”です。


そして、どうするんでしたっけ??


そうです。ここへドンドンと補足をしていくんです!



今回は「金属」に目をつけましょうか。

“metal”です。



「金属」

a piece of metal (※1)


「小さくて平たい金属」

a small flat piece of metal (※2)


「小さくて平たい金属で、お金として用いられるもの」

a small flat piece of metal used as money (※3)


↑コレが英英辞典に書かれている文です。ここまで言えたら完璧です!




では、(※)のポイントを説明します。




※1 文頭の名詞には、特に注意を!

今回の“metal”は、不加算名詞(数えられない名詞)です。

そんな場合は“a piece of 〜”を用います。

(“tea”「お茶1杯」の場合は“a cup of tea”のような例外もありますが)



※2 “a + 形容詞 + piece of 〜”のパターン。

「赤いりんご」→ “a red apple”

「小さいかばん」→ “a small bag”

形容詞は名詞の前に配置するのが、通例です。

今回の場合も“a piece of small flat metal”の方が、
なんとなく、型にはまった感があります。

しかし、実際は違います!!

“a small flat piece of metal” と言います。



※3 前置詞の“as”

日本人が大の苦手である“as”

英和辞典を調べてみると、25個ほど意味があります。その中の一つ、
前置詞の“as”です。

「〜として」という意味です。


そして、前回でも説明した「名詞+過去分詞句」です。

a 〜 metal + used as money

「お金として使われる金属」





さて、もう一度“coin”「硬貨」を英語で説明してみましょう。

(The word“coin”means) a small flat piece of metal used as money(.)





皆様の応援のクリックが
励みになります! →


posted at 00:15
Comment(0)
カテゴリー:C
エントリー:“coin”
2012年02月02日

“bag”

おかげ様で人気ブログランキング
英語部門で上位に食い込んでいます →




ご存知の英単語“bag”です。

簡単すぎて笑えますね??


日本語の意味は、言うまでもないでしょう。「かばん」です。



そこへ、恐怖の質問が投げかけられます(笑)。

“Could you tell me what bag is?”



今日は、この質問に答えれるようになりましょう!

ただ“bag”には、(紙やビニールの)袋という意味もありますので、
今回は、「袋」を英語で説明しましょう!!


日本語で「袋」説明してみましょう。

「紙やビニールで作られた、上開き入れ物」


………。

日本語が乏しいですねぇ。私って…(笑)。


説明文と言うより、なぞなぞのような文になってしまってますね。

そこは気にせず、行きましょう!!!!!



まず“核”となる単語(名詞句)が必要です。

“apple”で言うところの“a round fruit”です。


ここへドンドンと補足をしていきます!



「入れ物」というところに目をつけましょう。

“container”です。

この“container”ですが、かなり重宝すべき英単語です。

意味は「入れ物、容器、コンテナ」で、特に「入れ物」という、
ボンヤリとしたニュアンスが非常に使い勝手がいいんです。

是非、覚えて下さい。



「入れ物」

a container (※1)


「紙やビニールで作られた入れ物」

a container made of paper or plastic (※2)


「紙やビニールで作られた入れ物で、上開き」

a container made of paper or plastic that opens at the top
(※3)


↑コレが英英辞典に書かれている文です。
ここまで言えたら完璧です!




では、(※)のポイントを説明します。



※1 文頭の名詞の前には、必ず「冠詞」を!

前回は触れませんでしたが“container”は、加算名詞(数えられる名詞)です。

よって、“a container”としましょう。

-日本人は冠詞を忘れる- というレッテルを剥がしてしまいましょう!




※2 「分詞+名詞」と「名詞+分詞句」は、かなり使える!!

分詞には、現在分詞と過去分詞があります。
今回は、過去分詞についての説明をします。

「壊れた入れ物」→ “a broken container” → 「過去分詞+名詞」

「紙やビニールで作られた入れ物」

“a container made of paper or plastic” → 「名詞+過去分詞句」


「壊れた」は“broken”の一単語で表せますが、
「紙やビニールで作られた」は、“made of paper or plastic”と
複数の単語が並びます。よって、過去分詞句となります。

名詞を形容する語句が、一単語で表すことが出来るかどうかで、
その名詞の前に来るか、後ろに来るかの位置が変わります。

コレが出来るようになると、かなりの上級者と言えるでしょう!




※3 「主格の関係詞 “that”」

文法問題で問われた場合、ものすごく簡単な「関係詞」ですが、
話す中で用いることは、非常に難しいです。なぜなら、日本語では、
“that”自体の訳は、表面上には出ませんもんね。

例文です。“that”を用いて英訳してみましょう。

「彼は私たちの隣に住んでいる人です」

He is our neighbour. で、全然OKですが“that”を用いると、


 He is the man that lives next door to us. です。

ここでの“that”は“the man”を表します。


では、本題に戻りましょう。

“a container made of paper or plastic that opens at the top”

この“that”は、“a container made of paper or plastic”を
表しています。

そして、忘れてはいけないのは“open”を“opens”と言うところです。

-日本人は、三人称単数現在形の“s”を言わない-
のレッテルも剥がしましょう!




さて、もう一度“bag”「袋」を英語で説明してみましょう。

(The word“bag”means) a countainer made of paper or plastic

that opens at the top(.)



皆様の応援のクリックが
励みになります! →

posted at 23:43
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:B
エントリー:“bag”

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。